亀蔵を知る・楽しむ

亀蔵がお伝えする漬物のこと、旬、健康

亀蔵の契約農家ご紹介

Share on facebook
Share on twitter

京漬物の亀蔵の”本格千枚漬”の聖護院かぶら

京都府亀岡市:松本様

熊本県八代産・宮崎名人のこだわりトマト

宮崎憲二様

■土づくり:麦わらを主として入れ、フミン酸を反あたり200kg入れ、炭素率の高い土づくりを行っています。
■生産管理:天然成分のステビア、生薬+フミン酸を使用し、生育段階に応じて養分バランスを取り、健康状態を保つことで、未消化チッソの残留を防いでいます。
特有の塩分土壌を活かし、極限まで水を切って栽培。身詰まりと、コクのある味を目指しています。
■交配:マルハナバチでの交配を行っています。
■防除:直接材をできるだけ少なくし、ファミングバリア、ラノテープを使用し、農薬散布をできるだけ控えています。

亀岡産 一誌アグリシステム

京都市亀岡市: 一誌アグリシステム  林様

林様は年間を通じて沢山お世話になっており、亀蔵のお店でも地元亀岡市の自家製野菜販売のお手伝いをして頂いております。

戸田農園

京都府八幡市久御山町:戸田農園様

戸田農園では有機肥料、微生物を自社で考案し水分をなかなか与えず葉にストレスを与え葉に栄養がいかないようにして実を育てます。
ストレスが木を実を強く育て糖度は一般で販売されているトマトよりも数倍にふくれ上がります。クラシック音楽も流れていて人もトマトも同じストレスから開放されます。

減農薬野菜の茄子

京都市西京区大原野:三浦宗之様

6月から11月まで減農薬野菜の茄子を分けてもらっています。

宝物丸すぐき

京都市上京区上賀茂

京都市上京区上賀茂で今現在も昔ながらの天秤ですぐきの漬込み作業をおこなっておられます。
最盛期は夕方まで畑に、夜は漬込み作業底冷えする京都ではすごく大変なお仕事です。
こちらの宝物丸すぐきも少しづつわけて頂き大切に販売させて頂いております